So-net無料ブログ作成
検索選択

舛添氏、依然高い人気だが… 産経・FNN世論調査(産経新聞)

 24、25日実施の産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査では「次期首相に最もふさわしい政治家」として、新党改革を結成し代表に就いた舛添要一前厚生労働相が引き続きトップに立った。調査直前に結成した「新党改革」の認知度はほとんどないが、「首相を目指さなければ政党の意味はない」(舛添氏)と、人気頼みの戦略を続けざるを得ないようだ。(峯匡孝)

 舛添氏は前回調査(3月20、21日)比で5・6ポイントも人気を落としたが、それでも「新党改革」を支持する層の45・5%をはじめ、無党派層の14・7%、自民支持層で12・7%、民主支持層からも8・1%の支持を得て、党派を超えた根強い人気をみせた。

 対照的なのは、参院選比例代表の投票先を尋ねた設問で、自らの政党「新党改革」が2・5%しか得られなかった現実。「舛添人気」が新党に結びついていないのは明らかだ。舛添氏は自身を、民主党でも自民党でもない「第三極の顔」に位置づけることで、党の劣勢をはね返す戦略で、他党との共闘も模索する。

 一方、支持率が低迷する鳩山由紀夫首相に代わり、民主党側で首相の座が期待されているのは、舛添氏に続き、調査で2位につけた前原誠司国土交通相(8・5%)だ。高速道路料金の見直しをめぐり、異論を唱えた民主党の小沢一郎幹事長に毅(き)然と反論したことが好感され、前回より3・4ポイントアップした。鳩山首相本人は政権発足後から連続して下落し、今回は3・6%にまで落ち込んだ。

 堅調に人気を高めているのが、みんなの党の渡辺喜美代表だ。党の支持率に比例して個人人気も上昇する安定した支持拡大で、今回は6・1%を得て4位。

 力が見られないのは最大野党の自民党。石破茂政調会長4・0%、谷垣禎一総裁1・9%と元気がない。たちあがれ日本の平沼赳夫代表は0・8%だった。

【関連記事】
過剰な演出に??やりすぎ“舛添商法”早くも不発のワケ
内閣支持率、さらに下落22.2% 産経・FNN合同世論調査
舛添氏、参院選目標10議席 第三極で政策一本化し選挙協力も
第三極で選挙協力も 参院選目標は10人 舛添代表
舛添新党 自民は崩壊の危機直視を

小沢氏は開口一番「意外な結果で驚いている」(読売新聞)
英会話「ジオス」の201教室で授業再開(読売新聞)
<毎日花月>吉本の芸人が漫才、新喜劇 450人が楽しむ(毎日新聞)
浄土宗総本山・知恩院の佐藤執事長が辞任(産経新聞)
週末は冷え込む?農作物被害に注意呼びかけ(読売新聞)

働く女性の7割、メタボ自覚=判断基準は「おなかの肉」−民間調査(時事通信)

 働く女性の7割以上が、自分はメタボリック症候群または予備軍だと考えているとの結果が、化粧品会社ナガセビューティケァのインターネット調査で出た。周りにいる「メタボな人」にも女性を挙げる回答が最も多く、メタボといえば男性とのイメージを覆す結果となった。
 調査は2月、首都圏の20〜50代の仕事を持つ女性500人を対象に実施した。
 自分はメタボと思うかとの質問に、「思う」としたのは13.4%、「ややメタボ気味」は22.8%で、「今は違うが危機感はある」(38.8%)という予備軍を合わせると7割以上に上った。
 メタボまたは予備軍と感じる理由(自由回答)は「おなかが出てきた・肉が付いた」が最多で、「しゃがむとおなかが苦しい」とのリアルな記述も。次いで「太っている・太ってきた」「体重増加」となり、診断基準(腹位など)よりも体形や体重で判断していることがうかがえた。 

【関連ニュース
薄型テレビ販売、2.5倍に急増=3月、エコ基準変更前に駆け込み
「ありがとう」1位は母親=受験に関するネット調査
お祝いすると父娘仲良く?=「ひな祭り」ネット調査
インフルワクチンを過大評価=母親の9割、正しく理解せず
トヨタ、米国で3位転落か=今年のシェア予想

日本人の「空港難民」1万人 苦難をツイッターで実況(J-CASTニュース)
タクシーに無賃乗車、さらに売上金盗む 男子高校生ら3人逮捕(産経新聞)
<天皇、皇后両陛下>国際賞授賞式に出席(毎日新聞)
<訃報>高井岩男さん77歳=元住友精密工業社長(毎日新聞)
<舛添新党>23日の旗揚げ 改革クラブの党名を変更(毎日新聞)

客待ちで口論 客乗せたまま相手のタクシー運転手引きずる(産経新聞)

 タクシーの客待ちをめぐって口論になり、運転手の男性を車で約30メートル引きずってけがをさせたとして、大阪府警曾根崎署は14日、殺人未遂容疑で、大阪市西成区玉出中のタクシー運転手、大久保恵右容疑者(59)を逮捕した。

 同署によると、大久保容疑者は14日午前3時10分ごろ、タクシーの客待ちの車列に割り込んだため、後方にいた別のタクシー運転手の男性(57)が運転席に駆け寄って抗議したが、大久保容疑者は客を乗せてそのまま発進。運転席の窓枠にしがみついた男性を引きずって振り落とし、軽傷を負わせた疑いが持たれている。

【関連記事】
タクシーが50メートル引きずり 大阪、接客めぐり口論
沖縄で外国人が釣り銭盗む 基地内へ逃走、軍関係者か
改造マイカー「偽装タクシー」が見破られたきっかけは…
「衝撃音なく気づかなかった」ひき逃げ容疑の男逮捕
タクシー追突され機長ら乗務できず 日航機に遅れ
外国人地方参政権問題に一石

近所住民「まさか」 堺1歳男児死亡 病院搬送すでに冷たく(産経新聞)
JASマークを無断使用=「深大寺そば」の製粉会社−容疑で社長ら書類送検・警視庁(時事通信)
日ロ首脳が会談へ(時事通信)
<男性死亡>短期マンションで腹部刺され 外国人か…三重(毎日新聞)
米政府、「普天間継続使用」を日本に伝達へ(産経新聞)

細菌を狙い撃ち、創薬へ「呼吸酵素」仕組み解明 兵庫県立大・阪大(産経新聞)

 生物が生きるためのエネルギーをつくり出すのに欠かせない細胞内の「呼吸酵素」の構造は、動物と細菌で一部異なることを、兵庫県立大学や大阪大学蛋白(たんぱく)質研究所などの共同研究グループが解明した。細菌のみを死滅させる創薬研究に生かせる可能性が高いという。12日付(現地時間)の米国科学アカデミー紀要電子版に発表した。

 呼吸酵素は「チトクロム酸化酵素」で、細胞のエネルギー変換過程で最も重要な酵素の1つ。細胞内の小器官ミトコンドリアの膜にある。

 呼吸で取り入れた酸素と、水素から水を合成し、陽子(水素イオン)を膜の外にくみ出すなどして最終的に活動エネルギーをつくる。

 これまで生物の生存に不可欠な酵素はどの生物も共通で、チトクロム酸化酵素の構造も同じと考えられてきた。

 しかし、大型放射光施設「スプリング8」(兵庫県佐用町)で仕組みを詳しく解析した結果、水素イオンの輸送経路が動物と細菌では異なることが明らかになった。

 この違いを利用して細菌のみの機能を消失させることも理論的には可能で、共同研究グループは創薬のターゲットにもなりうると結論づけた。

 また、今回の解析で高いエネルギー変換効率の仕組みも判明。共同研究グループは「燃料電池の電極反応構造にも応用できそうだ」と今後の応用研究に期待を寄せている。

【関連記事】
川崎病のモデルマウス作製法、大阪の医師が確立 治療法改善に期待
小児の肺炎球菌ワクチン実用化へ 集団生活前に接種を
乳がんリスク 食生活で低減 大豆、魚介、乳酸菌…抑制・予防効果
乳酸菌摂取で乳がん抑止効果 京大教授ら発表
シャボン玉石けん、広島大と手洗いせっけん開発
外国人地方参政権問題に一石

中国、3邦人の死刑執行 鳩山首相、日中会談で「遺憾」表明へ(産経新聞)
西部ガス発砲 暴力団会長宅など捜索 福岡県警(毎日新聞)
ODA座長人事に「遺憾」=受注側が評価兼ねる−外務副大臣(時事通信)
<改正道交法>高齢ドライバー専用の駐車スペース設置へ(毎日新聞)
<砂川事件>関連文書「不存在は遺憾」…答弁書を閣議決定(毎日新聞)

平沼新党の党名は「たちあがれ日本」(産経新聞)

 平沼赳夫元経済産業相、与謝野馨元財務相らが10日に結成する新党の党名が「たちあがれ日本」となる見通しであることが7日、わかった。新党結成に参画する議員の1人が同日、明らかにした。

 党名については、夏の参院選の比例代表に候補者を擁立することを踏まえ、ひらがなを使ったわかりやすい名称を検討、新党結成にかかわっている石原慎太郎東京都知事も参加していた。

【関連記事】
平沼新党に閣僚は冷ややか「興味も関心もない」
“シルバー新党”早くも暗雲 政策で深いミゾ、健康不安も
中山恭子氏、新党入りは「考えたことがない」
亀井氏 平沼・与謝野新党に「政策逆の2人が組んでキョトン」
確かな理念欠けば新党も危うし 「ブーム」としての空しさ

<火災>民家全焼、男女2遺体見つかる 長野・佐久穂(毎日新聞)
日米密約文書の開示命じる 国側敗訴 東京地裁(産経新聞)
<訃報>大野新さん82歳=詩人、「家」でH氏賞(毎日新聞)
フィルター発火などで87万台リコール 家庭用空気清浄機(産経新聞)
棋聖戦 深浦が挑戦者決定戦進出(産経新聞)

元運輸部長2人、再び不起訴=JR西福知山線事故−神戸地検(時事通信)

アパート火災、2人焼死=90代と50代の親子か−相模原(時事通信)

 2日午前4時40分ごろ、相模原市中央区小山の木造アパート「さつきハイツ」102号室の金沢利一さん(58)方から出火、同室約58平方メートルを全焼した。焼け跡から性別不明の1遺体が見つかり、病院に搬送された男性1人も間もなく死亡した。
 神奈川県警相模原署によると、金沢さんは90代とみられる父親と同居していたという。2人の行方が分からず、同署は遺体の身元確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。 

【関連ニュース
住宅火災で3遺体発見=50〜70代の母子か
焼けた車から3遺体=持ち主一家に捜索願
寺を全焼、保険金詐欺図る=容疑で元住職再逮捕
住宅全焼、1人死亡=18歳女性か、2人けが
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か

子ども手当法、きょう成立 外国人申請殺到も 財源いまだ綱渡り(産経新聞)
拉致支援法改正案を可決=31日成立へ−参院委(時事通信)
住民名簿作り奨励 市議会が条例可決 箕面(産経新聞)
<囲碁>中部総本部を閉鎖 所属棋士5人が引退(毎日新聞)
天皇、皇后両陛下 京都の重要文化財、碧雲荘を視察(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。